ヘアスタイルを決めて美容院に行くべきか

自分の周りに美容室や美容院は、どのくらいあるでしょうか。
最近では男性も美容院を利用する時代となり、少し車で走るだけでも数多く目にすることができます。
第一印象は出会って数秒で決まるとされていますが、顔が見えない距離での印象は、服装やヘアスタイルで決まってしまいます。
つまり、ヘアスタイルは単に髪を綺麗に整えるだけではなく、第一印象を変える重要な決め手となります。
しかし女性の場合は男性よりもヘアスタイルに豊富なバリエーションがあり、いざイメージチェンジをしようと思っても、本当に自分に似合うヘアスタイルは何か迷ってしまいます。
雑誌やインターネット上でヘアカタログはありますが、自分の好みのヘアスタイルが客観的に見て、自分の雰囲気に合っているかどうかは分かりません。
美容院に行く前に、自分でヘアスタイルを決めて行く必要はあるのでしょうか。
美容師さんの多くは、お客さんの要望に応えるためカウンセリングを重要視しています。
カウンセリングによって髪質や髪の量、ダメージの程度を確認するのはもちろんですが、お客さんの話し方や雰囲気から、似合うヘアスタイルを選択していきます。
お客さんがあらかじめヘアスタイルを決めていても、髪質やダメージの程度から希望に添えない場合もあるでしょう。
雑誌などを見てヘアスタイルは決められても、髪質などを考慮し、最終的な仕上がりまでをイメージすることはプロである美容師さんしかできません。
美容室に行く前に、必ずしもヘアスタイルを決めて行く必要はありません。
美容師さんとお客さんとの会話の中で、互いのイメージをすり合わせていくことこそが、最終的な満足を得るポイントとなるためです。
ヘアスタイルを選ぶ楽しみは大切ですが、美容師さんと話をすることで、ベストなヘアスタイルを発見することも楽しみたいですね。

▲ページの先頭へ