アルコールは肌に効果的なのか?

ノンアルコール化粧品について。マスクや洗顔などのスキンケア用品について、アルコールの、アルコールの刺激が強すぎると、お肌にどんな悪影響を与えると思いますか。そうですね、アルコールの刺激が強過ぎちゃうと、アルコールの揮発性の影響でですね、顔からどんどん水分が出てしまうので、乾燥肌になってしまう恐れがありますね。アルコールが強すぎると、赤味が出たりとか、ヒリヒリしたりとか、そういう刺激になってしまうと思うんですよね。乾燥肌になるっていうのは相当ありますよね。アルコールの成分が強過ぎちゃうと、アルコールというのは洗浄作用があるじゃないですか、洗浄作用が、なんですけど、アルコールが強すぎると、皮脂を取り過ぎちゃうっていうことがあるんじゃないですかね。皮脂を取り過ぎちゃったりとか、殺菌効果があるんだけれども、お肌とか皮膚の上って、悪い菌だけじゃなくて、良い菌も居るらしいんですね。アクネ菌を食べてくれる菌とかが、あるらしいんですよ。

戸田公園の床屋といえば ハンサム Classic 戸田店

▲ページの先頭へ